重症になった知覚過敏は歯医者で治せる

知覚過敏の放置は危険!歯医者に通院するなど適切なケアをしましょう。

知覚過敏の原因や症状について知りましょう

知覚過敏の症状で悩みが出た時は、歯医者の通院を考えましょう。歯科医や衛生士が細かく診断をするうえ、必要に応じてCTやレントゲンなどで検査もします。症状を詳しく確認できるうえ、生活習慣のアドバイスも受けられます。上手に活用できれば、重度であっても症状改善が期待できます。

歯医者で治療をする際の進め方とは?

冷たいものを摂取したり歯ブラシをあてた際に沁みる感触を経験した人はいるかもしれません。これを知覚過敏と言い、虫歯とは異なる歯の病気の1つに認知されています。また、日本人で3人に1人が知覚過敏で悩まされているとのデータもあります。

通常であればエナメル質と歯肉で保護されているので、冷たさなどの刺激が感じにくくなります。しかし、知覚過敏であればこの刺激が強く、痛みや不快な感触が発生します。例えば、ソーダアイスを食べた際に激しい痛みがあれば、知覚過敏を疑っても良いでしょう。原因は歯周病や加齢など一人ひとりで異なりますが、歯の根元にある象牙質の露出により症状が出ます。

知覚過敏が起こる原因を更に確認しましょう。力任せに歯磨きは歯茎が下がってしまい、象牙質の露出をしやすくします。特に研磨剤入りの歯磨き粉の使用は、注意が必要です。歯の表面やエナメル質などを削ってしまい、知覚過敏の発生リスクを高めます。歯の噛み合わせが悪い状態で生活を送っている人や、就寝時に歯ぎしりをする人も、歯に刺激を与えることで、症状の発生に繋がります。

また、食生活も注意すべきポイントの1つです。甘味のある炭酸飲料や果物には、エナメル質が溶けやすい成分が特に多く含まれています。良く摂取する人は歯を傷つけてしまい、知覚過敏の原因となりがちです。他にも、虫歯や歯周病も起こりやすくします。また、魚や肉類中心の酸性食品を食事で良く摂る場合も、歯の病気が起こりやすくなるようです。可能な範囲で大豆や野菜、キノコ類のようなアルカリ性食品中心の食事に切り替えると、歯の病気を抑えられる可能性が出ます。

各種気になる症状が出た時は歯医者に通院を行い、適切な処置を受けるようにするのがおススメです。

歯医者の治療をしたうえでホームケアをする場合のポイント

知覚過敏の症状が出た時は歯医者への通院は欠かせませんが、ホームケアも必要です。毎日の口腔ケアだけでなく、生活習慣の改善や睡眠の質向上などできる所から始めると、早い段階で症状改善が見込めます。中長期的に見ても歯の健康維持にはプラスになるので、一度試してください。

知覚過敏は虫歯とは違うので確認しましょう

知覚過敏と虫歯の違いを気にする人はいるかもしれません。虫歯菌により歯が溶けた状態なのが虫歯ですが、知覚過敏はそれ以外のもので歯が溶けてしまった時に発生する病気です。また、痛みの感じ方もそれぞれ異なるのがポイントです。更に詳しく見ていき、適切な治療に繋げましょう。

TOPへもどる