重症になった知覚過敏は歯医者で治せる

知覚過敏の放置は危険!歯医者に通院するなど適切なケアをしましょう。

>

知覚過敏の原因や症状について知りましょう

治療の流れを確認

知覚過敏の治療をする際、歯科医や衛生士が状態の確認をします。そのうえで、軽度の状態であれば薬の塗布をします。知覚過敏は象牙質が露出した状態にあるため、薬で患部を覆うことで歯がしみるのを抑制することが期待できます。しかし、1度の塗布で完治するケースは少なく、概ね数回は通院治療をします。歯医者での治療やホームケアを続けて歯の石灰化が進めば、知覚過敏の症状はなくなります。

なお、歯石除去が必要な時や虫歯の症状があれば、様々な細菌が口腔内に発生している状態なので知覚過敏の治療をしても高い効果が見込めません。そのため、先にその治療を行います。

歯科医によっては、レーザーで知覚過敏の治療を行う所があります。ただし、保険適応外の可能性があるうえ、効果が未知数です。事前に歯科医から治療の流れを確認したうえで、選ぶようにしましょう。

神経を抜く場合

重度な症状であれば、薬の塗布やレーザー治療などを施しても回復ができない場合があります。その時は、神経を抜く治療を進める場合があります。しかし、神経を抜く際に麻酔を使用しても、少なからず痛みは発生します。人によっては耐え難い痛みとなるので注意しましょう。

歯の神経を抜いて適切な処置をすれば、知覚過敏の痛みはなくなるでしょう。しかし、歯に栄養は行き届かないため、脆くなりやすく黒ずみが発生します。また、患部やその周辺に虫歯や歯周病のような症状が出た時も痛みが感じにくく、異常に気付くのが遅れる可能性が出ます。

神経を抜いた後も、定期健診を受診して虫歯や歯周病の予防を図るのがおススメです。上手に活用をして、歯の健康増進を目指しましょう。


この記事をシェアする
TOPへもどる